☆お知らせ☆


札幌市厚別区で活動する小野幌剣道会のホームページです。

小野幌剣道会では、会員を募集しています。

見学、入会希望の方はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。


 

☆対 象: 幼児(年長)~中学校3年生まで

      ※一般(大人)もお稽古ができます。

☆場 所: 小野幌小学校体育館

☆稽古日: 木曜日 19:15~  

          初心者  20:00まで

          小3以下 20:30まで

          小4以上 20:45まで

      土曜日 16:30~18:45まで

                        日曜日(不定期)

          17:00~18:45まで 


 <新着記事>

稽古始めの挨拶と太鼓


道場では、防具・竹刀等を整えた後、
まず当番の保護者に、

「●年生、[ 氏名 ]です。
 よろしくお願いします。」


大きな声で挨拶を行います。

大きな声を出して技を決める武道ですから、当然、全力で挨拶の声を上げて、士気を高めて稽古に臨みます

今日は、自分の前の子よりも大きな声で、みんなしっかり挨拶ができていました😌



小野幌剣道会、創立45周年を記念して、卒団生と現在所属の保護者から寄贈されたこの太鼓。

つやつやしていて、大きな音、道場の新しいシンボルになっています。
子供達は、太鼓の音にも負けない大きな声で、気迫のこもった剣道をできるよう、日々稽古に取り組んでいます。

稽古に挑むまで

今日は面を付けて行く工程をコマ送りでお送りします。


①〜⑥:面タオルをつけます。

面をつける際に、頭部につけます。面タオルをつけることで、汗が頭部から流れてくるのを抑え、面が汗で汚れるのを防ぎます。

付け方が緩いと、稽古や試合の最中に額の側に落ちてきて、目をふさぐことがありますので、初心者は、しっかりとつける練習を繰返し行ってください。

⑦面をつけます。

面紐がズレないようしっかり両手で抑え、少し左右に開き顔を入れやすくします。その際、面紐は上から4分の1程の位置で抑えています。頭に紐か引っかからずに面を被る為です。

⑧そのままの状態を維持して顔まで持って行きます。

⑨まず顎を乗せ、次におでこを当てて装着します。

⑩紐を縛る位置を決めます。上過ぎてると試合中に面が飛ばされる時がありますので、真ん中もしくは真ん中より若干下を目安にしています。

.⑫前で一度しぼり、後ろでもしぼりを入れます。

⑬縛った後、面紐の捻じれをまっすぐに治し2本の紐の流れを合わせ整えます。

⑭耳と面の間に空間を入れます。面と耳が隙間なく接していると、耳付近に竹刀が当たった時に鼓膜を損傷する恐れがあるからです。

⑮面後ろに飛び出ている面タオルを中に押し込みます。面タオルは面の中から飛び出さないのが基本です。端正な装着を目指します。

⑯面を付けたら小手をはめ、竹刀を左手に持ち右足から立ちます。

最後の2枚はオマケです。


面紐が2本捻じれなく、真っ直ぐに揃っているのが見えますでしょうか?

「常に装着に気を配り、面だけに限らず道着や防具類を正しく美しく装着し、相手に失礼のない姿で稽古(試合)に望む」という気持ちが大切なのだと思います。


小学校高学年となり剣道は一人では出来ない、相手がいて初めて成り立つスポーツと実感し、その稽古(試合)相手に敬意を示すツールの一つとして正しい装着を自覚しました。

今は出来なくても今後、意識を変えれるタイミングはこれからたくさんあるので、挫けずに頑張って行きましょう!!

後期級位審査

後期級位審査が厚別体育館で行われました。昨年入会したちびっ子剣士も初めて級位審査を受験しました。みんな日頃の練習の成果を発揮できたと思います。合格おめでとうございます。これからまた新たな目標を胸に稽古に励みましょう。

級位審査

明日は級位審査です。
日頃の練習での、姿勢や打突、足捌き、着装などが見られます。
緊張せずに、実力を発揮して、受験者全員合格できるよう、頑張りましょう。

級位審査に向けて

日曜日の級位審査に向けて基本の確認を中心に稽古をしました。
先生方の指導にも熱が入ります。
級位審査前の稽古は残すところ土曜日のみとなりました。貴重な稽古の時間を大切に日曜日に向けて頑張りましょう。

鏡開き

小野幌剣道会の鏡開きが本日行われました。みんな元気に鏡餅に模擬刀を振り下ろしました。小さい子から中学生まで紅白に分かれ試合をしました。面の所に風船を付け風船割りも紅白試合をしました。小さい剣士も先輩の面に付けた風船を一生懸命に割りました。その後は、みんなお待ちかねの保護者が作ったお雑煮とお汁粉を食べました。今年もとても美味しかったと好評でした。今年一年みんな元気に稽古に励みましょう。

本日の稽古

今年に入り二度目の稽古となる今日、

気持ちも新たに皆、大きな声をだして元気に稽古に励んでいました。

明日は鏡開き、今月中旬には級位審査が控えています。

先生方の丁寧なご指導に感謝するとともに、

注意された事を忘れずに頑張っていきましょう。

稽古初め

新年になり初めての稽古がはじまりました。年の初めからうれしい報告がありました。4年生男子が3月に長野県で行われる全国大会に出場する事になりました。頑張って下さい。素晴らしい先生方、先輩方のもとでちびっこ剣士達も一生懸命頑張って行きましょう。

稽古納め

12月21日で今年の稽古が終了しました。
最終日まで多くの子供たちが元気な声を出して、懸命に稽古に励みました。
この一年間、各々が目標を立て目標に向かって努力してきました。
また、来年も頑張りましょう。

先生方、今年も一年間子供たちのためにご指導頂きありがとうございました。

多くの指導者のもとで

年明けには昇級審査が控えています。そのため、本日のお稽古は受験級や学年などを合わせた小グループでのご指導を受けることができました。8グループに1人以上のご指導をいただきました。小野幌剣道会は、指導者に本当に恵まれていることをこのような場面で改めて実感します。密度の濃い練習内容に感謝いたします。

不離五向

インフルエンザが猛威を奮うなか、今日も小野幌の剣士達は元気に稽古に励んでいます。


本日は先生より、「不離五向」について教えていただきました。

「不離五向」とは剣道をする上で、相手から決して離してはいけない5つの向きのことを言います。


①目⇒相手の目をしっかり見て、目をそらさないこと


②剣先⇒剣先は相手の中心に向け離さないこと


③臍(へそ)⇒臍を相手の正面に向けること


④足・・・常に両足のつま先は、相手に向けること


⑤心・・・常に全力で、相手から気持ちを離さず、向かっていくこと



年明けには級審査もあり、全員合格に向け、「不離五向」を意識して、益々稽古に励んでいきましょう。

小野幌はOneteam

12月8日に令和元年最後を締めくくる『第29回 厚別区青少年武道大会』が開催されました。
今年はインフルエンザが流行し出場辞退する子も多く例年より少なめの出場者数となりました。

今年は小野幌剣道会が開会式での選手宣誓と形の演武を務めました。キャプテンの選手宣誓は堂々としていて素晴らしく、形は稽古のたびに細かい修正をしていた成果が発揮されそろっていて美しかったです!
一週間前の当別で開催されたちびっ子大会ではちびっ子が大健闘し、今回は小中学もそれに負けじと頑張りました。
【入賞結果】
    〜小学3年生以下の部〜
        優勝         女子
        3位          男子
                        女子
    〜小学4年生の部〜
        準優勝     男子
        3位          女子
    〜小学6年生の部〜
        準優勝     男子
    〜中学男子の部〜
        3位          2名

試合のたびに先輩が後輩を、後輩が先輩を互いに応援したり思いやる気持ちにたいへん感心させられます。
今年の稽古も残りわずか…
来年の更なる飛躍を目指して『小野幌Oneteam』を作り上げていきましょう!

明日は武道大会

先週末のちびっこ大会に引き続き、明日は厚別区青少年武道大会が開催されます。
大会前日なので、子供達の練習にはいつも以上に気合いが入っていました。
高学年の子たちは演武形の、低学年は切り返しの練習に励みました。新人剣士達は元立ちの練習も頑張りました。
インフルエンザの為、出場を辞退する子供達も若干いるようです。皆さん、体調万全にして明日は立派な勇姿を見せて下さいね。

ちびっこ大会報告

ちびっこ大会のメダルお披露目です。

元立ちしてくれた先輩とともに、皆に報告しました。よい打ち込みをするには、元立ち側にも技術が必要だと先生からお話がありました。優れた先輩達と練習し大会に出られる環境にも感謝ですね。


次は厚別区武道大会です。

先輩方は模擬演技の練習、ちびっこ達は先生に相手をしていただき練習しました。


今年は例年より早くインフルエンザが流行、先生からも帰宅したら手洗いうがいするようにとお話がありました。体調整えて大会まで頑張りましょう。

ちびっこ大会

 当別町総合体育館で開催された、ちびっこ錬成大会に参加して参りました。その名の通り、小さな子ども達のためにと開かれた大会です。朝早くから、各地のちびっこ剣士たちが集まり、会場は熱気であふれています。

 このちびっこ大会が初めての試合となる子も多く、なかなか落ち着かない様子。そんな小さな子達の戸惑いを中学生の先輩達が、大きく受けとめている姿がありました。数年前までちびっこ大会に選手として出場していた子達が、いつの間にか面倒を見る方へ。大きくなるのは早いんだなぁと感慨深いものがあります。

 この1か月、低学年の子供たちはペアとなる先輩たちからたくさんアドバイスを受けてきました。そして、高学年は自分のことをいったんお休みして、よく低学年の面倒を見てくれました。

 培った絆が、見知らぬ場所での不安を吹き飛ばしてくれたのでしょう。皆のびのびとした大きな剣道を見せてくれました。

 個人戦は、低学年2人が未就学の部準優勝、1年生の部で3位と素晴らしい結果!

 緊張に打ち勝ち、よく頑張りました!

 おめでとう!

 午後からの団体戦も勢いに乗り、低学年・高学年ともにリーグを突破。惜しくもトーナメントでは敗れてしまいましたが、前へ前へ出ていく姿に大きな成長を感じました。

 

 初めての試合。どきどきしたり、悔しかったり、色々な想いがありましたね。今日の気持ちを忘れず、稽古に励んでほしいと思います。来週は武道大会。さぁ、またみんなで頑張りましょう!

 たくさんの先生方に遠くまで来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。