第46回札幌市スポーツ少年団剣道交流大会

 「仲間との絆」

 

 第46回札幌市スポーツ少年団剣道交流大会が、南区体育館で開催されました。個人戦も団体戦も、今年の集大成です。

 力の及ばなかった市民大会の後、先生から「技術よりも、心、気持ちが足りない」とお言葉を頂き、忸怩たる想いを抱えてきました。悔しい、次こそはという気持ちが、成長の糧になったのでしょう。

 それぞれの選手が、気合に満ちた素晴らしい試合を見せてくれました。

 仲間の奮闘に刺激を受け、小学6年生二人がベスト16、小学4年生が見事個人戦準優勝を果たしました。

 日頃から先輩方の胸を借りて稽古をさせてもらっています。一緒に稽古をすることが申し訳ないほどの年齢の時に「出来ないから稽古をするんだよ」と声をかけてくれた先輩がいました。仲間との稽古の積み重ねが、今日の成果につながったのだと思います。

 おめでとう!

 11月には全道大会が控えています。代表選手としてしっかりと頑張ってきてください。

 

「道をつなぐ」

 

 中学3年生は、この大会をもって実質引退となります。それぞれの個性をもって、小野幌剣道会を支えてくれた3人。最後の大会にたくさんの想いがあったでしょう。

 2Fの観覧席まで届く気迫に胸を打たれる思いでした。

 今日で最後ではありませんが、後輩たちに道を指し示してくれたことに本当に感謝します。ありがとう。

 あと半年。今度は自分の夢に突き進んでいってください。

 

 審判、指導にあたってくださいました先生方、たいへんお疲れさまでした。心より感謝し、さらに精進してまいります。保護者の皆様、長い一日ありがとうございました。

 

<結果>

個人戦 小4男子    準優勝

    小6男子   ベスト16

                小6女子   ベスト16

団体戦 小学生団体 ベスト16

残り3ヶ月

今年も残り3ヶ月となり、日々過ごしやすい季節になりました。
小野幌剣道会が出場する今年の試合も残りわずかになっていますが、日々の基本の練習が試合で発揮されるよう、子供達は、基本の稽古に汗を流していました。

竹刀の握り方

先生に竹刀の正しい握り方を教わりました。

両手とも薬指と小指でしっかり握り、他の指は軽く添えます。

柄皮の縫い目に両手の親指と人差し指の根元を合わせます。

↓【 正しい握り方 】


↓【 悪い握り方 】

竹刀を横から握っています。

正しい握り方で強くなりましょう。

先生、教えていただきありがとうございました🙇‍♀️



今日の稽古は明日の大会に備えて実戦形式でした。中学生の力強さに背中を押されるように後輩達も声を張り上げて稽古に励んでました。

今日の稽古は明日に備えて実戦形式でした。中学生の力強さに背中を押されるように後輩達も一生懸命・稽古に励んでました。