真駒内錬成大会

5月18日、真駒内セキスイアリーナで第12回札幌小・中学生剣道錬成大会が行われました。

子ども達に試合経験を増やしてあげたいと言う、一人の先生の想いから始まった大会だと伺いました。全道レベルの試合をこんなに身近な場所で開催して頂けることは、大変ありがたいことです。

小野幌剣道会からは、12名が参加しました。新しいチーム編成で挑む最初の大会。まさに新時代の幕開けです。


参加チーム数が多いだけに待ち時間も長く、緊張と緩和のバランスを取ることが難しかったように見えましたが、それもまた勉強です。ほどよい緊張感を保ちながら、試合に臨むことの難しさをひとつまた経験できました。

結果は小学生が2勝1敗、中学生が1勝2敗でしたが、伸びやかな小野幌らしい剣道を見ることが出来たように思います。


さて、明日は赤胴予選、はまなす予選です。

参加メンバーは、今日の成果を存分に発揮してくださいね!

指導、審判に当たって下さった先生方、早朝から大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

保護者の皆様、会場係お疲れ様でした。試合数の多い大会でしたがご協力をもって滞りなく進めることができました。ありがとうございました。