不離五向

インフルエンザが猛威を奮うなか、今日も小野幌の剣士達は元気に稽古に励んでいます。


本日は先生より、「不離五向」について教えていただきました。

「不離五向」とは剣道をする上で、相手から決して離してはいけない5つの向きのことを言います。


①目⇒相手の目をしっかり見て、目をそらさないこと


②剣先⇒剣先は相手の中心に向け離さないこと


③臍(へそ)⇒臍を相手の正面に向けること


④足・・・常に両足のつま先は、相手に向けること


⑤心・・・常に全力で、相手から気持ちを離さず、向かっていくこと



年明けには級審査もあり、全員合格に向け、「不離五向」を意識して、益々稽古に励んでいきましょう。