胴着での稽古

体育館で稽古が再開して、1ヵ月が経ちました。今まではジャージでしたが、今日からは胴着を着ての稽古です。やはり胴着を着ると、気持ちがピリッと引き締まります。子どもたちの表情も、ちょっぴり大人に見えます。

先生方は、久しぶりの稽古で子どもたちが怪我をしないよう、徐々に稽古を進めてくださっています。ありがとうございます。高学年は近々、防具をつけての稽古に入る予定です。


高学年の部では、キャプテンが後輩に指導する場面がありました。いつもとは少し違う稽古風景がみられ、とても新鮮でした。

9月になり、キャプテンと一緒に稽古できるのも残りあと少しです。自分が持っているものを伝えてくれるキャプテンに感謝し、後輩たちはキャプテンの思いを大切に受け止め稽古に励みましょう。