本日の稽古

今日は現役の警察官の方に稽古に加わっていただき、子供達にとってとても有意義な稽古をする事が出来ました。
また修田先生の方から挨拶の大切さ、指示があったら速やかに行動することなどの指導がありました。剣道に限らず大切な事なので意識して守るようにしましょう。

赤胴・はまなす大会を終えて

赤胴・はまなす予選大会を終えて
5月19日の日曜日に赤胴・はまなす大会の厚別区予選会がありました。両大会ともに本戦に繋がる 大事な予選会です。1位から20位までの順位をトーナメントやリーグ戦を経て決定します。剣道会の隔てなく混成チームを作成し厚別区代表として参加します。
 1位から5位がAチーム。6位から10位までがBチーム。以下、Cチーム・Dチームと選抜されます。 赤胴に関しては、1位から4位までの子供が赤い胴を付けて個人戦に出場する事ができます。 Aチームを目指すだけではなく、さらに上の個人戦に参戦できるかどうかが影響する順位決定戦を 兼ねています。憧れの赤い胴を付けて試合に臨みたい子供達も試合に熱が入ります。

以下結果です。
第61回 赤胴少年剣道練成大会
1位:もみじ台
2位:小5男子(小野幌)
3位:小4男子(小野幌)
3位:小6男子(小野幌)
5位:厚別北 以上がAチーム(うち、小野幌から3名が個人戦に参加します)

以下、小野幌の参加者のみ
11位:小5男子Cチーム 
17位:小6女子Dチーム 
本戦は7月28日(日)真駒内アイスアリーナで開催されます。 お時間のある方は是非応援のほどよろしくお願い致します。

第30回 全道中学生剣道練成大会
1位:もみじ台 
2位:中3男子(小野幌)
 3位:大谷地 
3位:中2男子(小野幌) 
5位:もみじ台 
以上がAチームになります。

以下、小野幌の参加者のみ
9位:中3男子Bチーム
11位:中3男子Cチーム
中学生は人数が少ないため、3チームの参加です。 
本戦は、9月15日(日)砂川市総合体育館で開催されます。 応援に行くには遠いので、当日は札幌から「厚別区頑張れー」と気合の入った声援を送りましょう。

第30回 厚別区少年剣道錬成大会 兼 第68回 北海道少年剣道錬成大会・第61回 『赤胴』少年剣道錬成大会 第30回 全道中学生剣道錬成大会 厚別区予選会

5月19日、第30回 厚別区少年剣道錬成大会 兼 第68回 北海道少年剣道錬成大会・第61回『赤胴』少年剣道錬成大会 第30回 全道中学生剣道錬成大会 厚別区予選会が行われました。朝からお天気も快晴で風も心地よく試合日和の気持ちの良い一日となりました。
45周年を迎えた小野幌剣道会ですが記念の面タオルが出来上がり今日初めて使用しました。白地にブルーの文字が映えて素敵です!
小学生低学年は初めて試合に出場する子も多く緊張している様子でしたが、それでも一生懸命前に出ようとする気持ちが伝わってきました。
小学校高学年は声もよく出ていましたし、身体も良く動いていました!
自分より大きな相手にも負けずに向かっていく姿が印象的で頼もしく感じました。
中学生の試合ともなると迫力も違ってきます。延長戦で長時間の試合でも緊張感が途切れることなく、集中している姿はとてもかっこよく後輩の子達の良いお手本になったと思います!!

結果、小学校高学年と中学生は上位に入ることが出来ました。
7月に行われる赤胴の本選に沢山選ばれることを願っています。
小学校低学年は今日の試合を糧にこれからどんどん試合経験を増やして力をつけていってほしいと思います。
皆さんお疲れ様でした。

真駒内錬成大会

5月18日、真駒内セキスイアリーナで第12回札幌小・中学生剣道錬成大会が行われました。

子ども達に試合経験を増やしてあげたいと言う、一人の先生の想いから始まった大会だと伺いました。全道レベルの試合をこんなに身近な場所で開催して頂けることは、大変ありがたいことです。

小野幌剣道会からは、12名が参加しました。新しいチーム編成で挑む最初の大会。まさに新時代の幕開けです。


参加チーム数が多いだけに待ち時間も長く、緊張と緩和のバランスを取ることが難しかったように見えましたが、それもまた勉強です。ほどよい緊張感を保ちながら、試合に臨むことの難しさをひとつまた経験できました。

結果は小学生が2勝1敗、中学生が1勝2敗でしたが、伸びやかな小野幌らしい剣道を見ることが出来たように思います。


さて、明日は赤胴予選、はまなす予選です。

参加メンバーは、今日の成果を存分に発揮してくださいね!

指導、審判に当たって下さった先生方、早朝から大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

保護者の皆様、会場係お疲れ様でした。試合数の多い大会でしたがご協力をもって滞りなく進めることができました。ありがとうございました。



木曜日の稽古

 木曜日の稽古は、土曜日よりも時間が遅く、稽古の時間も短いです。

先生からのお話しでもありましたが、自分で考えて、時間を無駄にせず有効に稽古を行わなくてはいけません。

平日で学校が終わったあと、子どもなりにも疲れているとは思いますが、先生方も、子どもたちの成長を願い、稽古に来てくれています。

その先生方の思いを心に刻み、一生懸命稽古に励んでほしいと思います。

大人たちも、子どもたちの元気な姿を見て、力をもらえている気がします✨

面手ぬぐいの向き

今年度、小野幌剣道会は45周年を迎えました🌸
記念の面手ぬぐいがもうすぐ届きます。
(写真は前回40周年の時のものです。)
手ぬぐいの発注にあたり、先生から着用の「向き」を教えていただきました🤓

面手ぬぐいは、書かれた文字「気剣体」が読める向きで面の上に広げて置きます。
上側両端を持ち、着用する前に大切な言葉「気剣体」を黙読して心に刻みます。
気剣体は、小野幌剣道会の団旗にもあります。
そのまま上辺を頭の後ろに持っていきます。
頭に巻きつけ、余分を畳み込んで完了です。

「40」がひっくり返って裏返しになっているのにお気づきでしょうか🔄


正しく付けると面手ぬぐいは、
「裏返しの逆さまになる」
というお話でした。

連休明け


9日からまた稽古が始まりました。

長い休みと、小学生は運動会の練習で少々疲れ気味です

 来週は大きな大会が控えています

いちだんと稽古に励み新しい仲間や見学者にも元気な姿を見せていきましょう

全道中学校剣道錬成会

第31回全道中学校剣道練成会が5月3日・4日当別総合体育館で行われました。
小野幌剣道会として、両日合わせて6名の勇士が参加しました。参加チーム数143チーム。内男子92チームで順位を競う大きな大会でした。
3日(1日目)午前中のリーグで5試合行い、そのリーグ内の順位によって午後からの試合会場や大戦相手が決まります。例えば1次リーグを3位抜けすると、午後からの対戦相手は全リーグの3位抜けしたチームばかりが集まるリーグに移動になります。実力が均衡している相手との試合を行えるのです。大変勉強になる練成会です。

以下、結果です。
3日(一日目)
1次リーグ
・江別一中    1勝2敗2分け
・丸瀬布中学校  2敗3分け
・新川少年クラブ 3勝2分け
・平岸剣道部会  4勝1分け
・伊達網代道場  4敗1分け

2次リーグ
・祥武館     2勝3敗
・音更一心剣道スポーツ少年団 2勝2敗1分け
・白糠剣道少年団 2勝1敗2分け
・浦川潮見道場  1勝4分け
・北野剣道倶楽部 2勝3敗

4日(2日目)
3次リーグ
・恵み野中学校  3勝2敗
・西岡南剣道部会 1勝2敗2分け
・猿払剣道スポーツ少年団 1勝4敗
・若竹の会    4勝1敗
・平岸剣道部会  4勝1分け

4次リーグ
・豊警少年剣道会 1勝3敗1分け
・丸瀬布中学校  3勝2分け
・音更柳町剣道少年団 3敗2分け
・苫小牧正心館  2勝2敗1分け
・沼ノ端剣道スポーツ少年団 2勝3敗

2日間で合計20試合。子供たちは本当に頑張りました。
引率して頂いた先生、熱い体育館の中で2日間もご指導ありがとうございました。子供たちの良い勉強の場になりました。